歯科医が教えるオールオン4のすべて » インプラントのリスク・トラブル事例 » インプラントが及ぼすMRIへの影響と対応方法紹介

インプラントが及ぼすMRIへの影響と対応方法紹介

インプラントをしている方でも、通常は問題なくMRIやCT検査を受けることができます。重要なポイントは、取り外し式の義歯を使用している患者さんの場合で、義歯に磁石を使用しているかどうかです。ここでは、インプラントとMRIやCT検査の関係について紹介するので参考にしてください。

インプラントのMRI・CTへの影響は?

MRIの場合

チタンあるいはチタン合金といった一般的なインプラントの場合、MRIを受けても影響はほとんどありません。

金属が口腔内にあると画像にノイズが入ることもありますが、基本的には問題ありません。

唯一問題となるのは取り外し式の義歯を磁石で口腔内に安定させている場合は磁石の磁力がMRIの画像に影響を及ぼす場合があるので義歯を外した状態でMRIを撮影します。

CTの場合

CT撮影に影響を及ぼす物は金属で、金属はCTで真っ白に映りますので、その影に隠れて骨の状態が分からない場合があります。

そこでCTを撮影する場合には金属床製の義歯だけで無く、義歯にはクラスプと呼ばれる義歯を歯に固定する針金が付属している場合などがありますので、義歯を外して撮影します。

歯に被っているクラウンなどの人工の歯は白く映りますがインプラント手術にはあまり影響しませんので外す必要はありません。

撮影前に義歯を外しましょう。

歯科用のインプラントはCTとMRIともに検査結果や人体に大きな影響がありません。

ただ、使用するインプラントの補綴装置の種類によっては注意が必要な場合があります。人工歯根の部分であるインプラント体と、人工歯の部分である上部構造を磁石で連結している着脱可能な義歯はMRIの撮影中にMRIの画像を乱します。

また、取り外し式の義歯を装着したままCTやレントゲン撮影をすると画像に写り込んでしまい適切な診断が出来なくなります。

CTやMRIを撮影する場合は取り外し出来る義歯は外して撮影しますので、撮影前に外しておくことが重要です。

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?