歯科医が教えるオールオン4のすべて » インプラントのリスク・トラブル事例

インプラントのリスク・トラブル事例

ここでは、オールオン4を含むインプラント治療によって起こり得るトラブルについて解説します。歯や口腔の痛み・痺れ・腫れ・噛み合わせなど、様々なリスクが伴うインプラント治療。そんなトラブルを回避するためにも、事前にしっかりとリスクや対処法について確認しておきましょう。

インプラント治療におけるトラブル

「国民生活センター」の調査によると、インプラント治療により被害を受けたという相談の数は、2006年からの約5年間で343件報告されており、年々増加傾向にあるとされています。その中でも代表的なトラブルとして特に気をつけておきたいのが、「インプラント周囲炎」と「合併症」です。どちらも治療後に起こるトラブルで、早期の対処が極めて重要な問題です。(※1)

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、インプラント治療において最も多くみられるトラブルで、インプラントを支えている周囲の骨が溶けてなくなってしまう病気。インプラント周囲の歯肉が炎症を引き起こし、やがてインプラントを支えている骨が吸収されてしまいます。

主な原因は、インプラント周囲に細菌が蓄積すること。日頃のメンテナンスがきちんとできていない場合に起こります。毎日の口腔内のケアが不十分な場合や、歯科医院での定期的にメンテナンスを受けずにいると、歯垢がインプラント周囲に溜まり、菌が骨に感染してしまいます。歯周病に似ている病気ですが、進行スピードはインプラント周囲炎のほうが速く、その速さは歯周病のおよそ10~20倍といわれています。また、進行しても症状が現れにくいため、発症していることに気づきにくいというのも特徴です。

インプラントは天然歯と違って歯根膜という組織が存在しません。インプラント周囲の骨は歯根膜からの血液供給がないため、細菌に対する抵抗力が弱く、感染症を引き起こし、骨吸収を起こす危険性が高いのです。インプラント治療後は毎日の歯磨きといったセルフケアはもちろんのこと、歯科医院で定期的にバイオフィルム除去のメンテナンスを受けることが重要になります。

合併症

インプラント治療においては、手術に伴う上顎洞炎や神経麻痺、上顎洞へのインプラント迷入など、様々な合併症を引き起こすリスクがあります。術前のCT撮影に基づく十分な診査診断、コンピュータ手術シミュレーションから作成された外科用サージカルガイドステントの使用などで偶発的な事故のリスクを減らすことができますが、全くゼロにすることは不可能です。また、糖尿病に罹患している場合や喫煙者は感染のリスクが高くなります。

患者さん自身が注意しておくべきこと

インプラント治療でのトラブルは、主に医療的なミスといった技術力の問題だけでなく、患者さんの勘違いや思い込み、治療後のメンテナンスの問題、歯ぎしりやくいしばりなどの力の問題などによって起こります。医療には常に限界があり、必ずしも患者さんが期待する結果を達成できない場合がしばしばあります。では、そういったリスクを減らすためにはどうすれば良いのか、実際にトラブルが起きてしまった時はどう対応すれば良いのかを、「国民生活センター」が提示するアドバイスをもとに見ていきましょう。

治療前にリスクに関して歯科医師から十分な説明を受ける

インプラント治療は保険診療ではなく、歯科医院側が費用や治療方法を自由に決められる自由診療であるため、費用も高額になります。そのため、治療を受けるかどうかを判断する際は、歯科医師に十分な説明を求め慎重に検討することが大切です。(※1)

治療後は歯科医師のもとで定期的に検診を受ける

補綴治療後に適切なケアを怠ると、様々な合併症を引き起こす要因となってしまうため、治療後は歯科医師のもとでしっかりとメンテナンスを受けることが重要です。インプラント治療によって受けたトラブルの中には、インプラントの設置が完了してから長期間が経過した頃に身体症状が現れたという事例も複数報告されています。インプラントを健康な状態に保つためにも、歯科医師の指導のもと適切な口腔ケアを行うとともに、定期的に健診を受けるようにしましょう。(※1)

治療により被害を受けた場合は弁護士による法律相談を受けることも可能

インプラント治療によって被害を受けた場合は、セカンドオピニオンを受けたり、大学病院で受診したりするのも一つの方法です。治療に納得がいかず返金や補償を求める場合は、有料となるケースもありますが、弁護士会による法律相談を受けることも可能です。
また、治療により問題が発生した場合は、新たなトラブルの解決や未然の防止に繋げるためにも、各地にある医療安全支援センターや歯科医師会、保健所などに情報提供するようにしましょう。(※1)

参考文献

※1)「独立行政法人国民生活センター」,『歯科インプラント治療に係る問題』[PDF]

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?