歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の歯科医院選び » インプラント専門医とは

インプラント専門医とは

専門医制度を設けている学会について

日本国内には多くの学会があります。歯科においても様々な学会があり、それぞれの学会で専門医制度を設けています。

インプラントに関連した学会も様々ありますが、歯科における日本最大の学会は日本口腔インプラント学会(JSOI)です。

日本口腔インプラント学会について

日本口腔インプラント学会は、学会が指定した研修施設で一定期間以上インプラント治療の研修を行い、学会主催の研修会に参加し、筆記試験と面接試験に合格してインプラント治療に関する専門知識・技術が十分あると認められた先生を専門医に認定しています。

専門医になった先生はその後も知識のアップデートをするために、引き続き学会での研修が義務付けられています。

日本口腔インプラント学会の専門医になるためには、複数の厳しい条件をクリアしなくてはいけません。ここでは、インプラント専門医の認定基準やインプラント指導医について紹介します。他にも、インプラント専門医のメリットと注意点も記載していますのでぜひご一読ください。

当ページの参考記事

日本口腔インプラント学会サイト(http://min-implant.jp/about/)

公益社団法人日本口腔インプラント学会HP(http://www.shika-implant.org/index.html)

インプラント専門医とは

新しい制度に更新された今、日本口腔インプラント学会が認定している資格は、「インプラント専門医」と呼ばれています。インプラント専門医は、公益社団法人日本口腔インプラント学会の試験に合格しなければなりません。「インプラント認定医」に関しては、現在の制度ができる前に呼ばれていた名称です。

専門医の申請資格(一部抜粋)

  1. 口腔インプラント専門医を申請する者は、 申請時に 下記の各号全てに該当することを要する。
  2.  日本国歯科医師の免許を有すること。
  3. 5年以上継続して正会員であること。
  4. 研修施設に通算して 5 年以上在籍していること。
  5. 日本歯科医師会会員であること。
  6. 専門医教育講座を 3 回以上受講していること。
  7. 本会学術大会及び支部学術大会に 8 回以上参加していること。
  8. 本会専門医制度施行細則(以下、「施行細則」という。)に定める 所定の研修を終了していること。
  9. 口腔インプラント指導医 2 名(内1名は施設長)の推薦が得られること。
  10. 施行細則に定めるインプラント治療の経験があること。
  11. ケースプレゼンテーション試験に 合格していること。
  12. 本会学術大会又は支部学術大会において 2 回以上発表を行っていること。
  13.  口腔インプラントに関する論文を本会 学会誌 又は委員会が認める外国雑誌 に 1 編以上発表していること。

インプラント指導医とは

インプラント指導医は基本的にはインプラント専門医を養成する為の研修施設を運営する為に必要となる資格です。研修カリキュラムの作成やインプラント専門医の指導や専門医認定試験に関する事項に関与します。インプラント指導医になるためには、インプラント専門医よりも多くの条件をクリアしなくてはいけません。

指導医の申請資格(一部抜粋)

口腔インプラント指導医を申請する者は、口腔インプラント専門医であって申請時に下記の各号全てに該当することを要する。

  1. 10 年以上継続して正会員であること。
  2. 研修施設に通算して 8 年以上在籍していること。
  3. 専門医教育講座を申請前直近の 3 年間に 3 回以上受講していること。
  4. 本会学術大会及び支部学術大会に直近の 10 年間に 10 回以上参加していること。
  5. 本会学術大会及び支部学術大会において 6 回以上発表(内2回は主演者)を行っていること。
  6. 口腔インプラント指導医 2 名(内1名は施設長)の推薦が得られること。
  7. 施行細則に定めるインプラント治療の経験があること。
  8. 施行細則に定める口腔インプラントに関する論文を6編以上(内3編は筆頭著者で本会学会誌筆頭論文1編を含む)発表していること。本学会誌を論文として提出する場合の筆頭著者とは、原著(基礎研究、臨床研究)では上位3名まで、総説論文では上位2名まで、症例報告、調査・統計、資料、依頼論文では筆頭著者(最上位)のみとする。また、本学会が認める他学会誌で筆頭論文を充当する場合筆頭著者(最上位)のみとする。ケースプレゼンテーション論文は、口腔インプラント指導医の論文とは認めない。
  9. 本会が指定する救命救急に関する講習会を1回以上受講していること。

日本口腔インプラント学会とは

日本口腔インプラント学会は、口腔インプラント学に関わる広い知識と、高度な専門的技能を有する医師の養成のために、発足した団体です。

適切な治療ができる医師を養成して、インプラント医療の発展と歯のトラブルに悩んでいる方に貢献することを目的としています。

専門医、専修医、インプラント専門衛生士、インプラント専門歯科技工士といった資格を取得できます。年々会員数は増加しており、2017年11月時点では、15,000名以上の会員数になり歯科において最大の会員数を誇る学会です。

インプラント専門医のメリットと注意点

クリニック選びの一つのポイントとなるインプラント専門医。ここではインプラント専門医のメリットと注意点についてお伝えします。

基本的な知識と経験がある

膨大なインプラント治療に関する正しい教育を受け、正しい知識と治療終了後3年を経過した症例が一定数の症例数がないと、インプラント専門医の資格は取得できません。そういう点から日本口腔インプラント学会の専門医であれば基本的な知識とある程度のインプラント治療経験があるインプラントに精通した先生なので、インプラント治療について安心して相談することができます。

時代にマッチした標準的なインプラント治療を受けることができる

インプラント専門医は更新制です。学会への出席し教育講演を受講し学会での発表、論文の提出、症例報告などを行わなければ専門医の資格を更新することができません。

医療は日進月歩で進化していて、昔の常識が現在では否定されていることも数多くあります。そのような訳で、時代にマッチした標準的なインプラント治療を受ける為にはインプラント専門医にかかるということは有効な手段です。医学の世界では標準治療という考え方があります。

つまり、状態に対して、このような治療をすることが、安定した良い結果を得られるという治療が確立しています。これらは多くの論文から導き出された治療法です。個人の名前をつけた「なになに式」という特殊な手術法はリスクが高いと考えた方が間違いなさそうです。

日本口腔インプラント専門医以外でのインプラント治療

日本口腔インプラント学会インプラント専門医は、クリニックを選ぶうえでの指標となります。

しかし、インプラント治療を行なっている歯科医師は必ずしも日本口腔インプラント学会の専門医「専門医」だけではありません。

その場合、どのようにして歯科医師を評価したら良いのでしょうか?ここでは、インプラント治療を受ける歯科医院を選ぶうえでのポイントを以下に記載しています。

設備がきちんと整っているか

歯科用CTや手術室、手洗いブースの存在はインプラント手術に欠かせない設備です。そのような設備が備わっているのかどうかをチエックしましょう。

術前のCT画像や口腔内写真、インプラント手術のコンピュータシュミレーションを終えた画像を見せながら治療プランを説明しているか?術前に手術同意書を交わしているどうか?

歯科インプラント治療に精通している先生であれば、CTや術前口腔内写真を撮影し、現状を説明した上で、理想的な治療プランを説明します。CTでは上顎においては上顎洞の位置や異常の有無、下顎では下顎管内の下歯槽神経の走行位置などの説明がある筈です。

手術説明が十分な知識の無い歯科医師以外のスタッフによってなされたり、口腔内写真やCT 画像、インプラント手術のコンピュータシュミレーションを終えた画像など、手術を前提とした、きちんとした資料が揃って無い状態で手術説明を行う医院は、説明がいくら詳しくて、優しい対応でも、問題があります。

インプラント治療時の歯科医院の選び方

インプラント専門医の資格を取得していても、治療実績が少なかったり、手術室や手洗い設備などの治療環境が不十分だったり、CTや口腔内写真などの客観的資料に基づく治療説明が無い場合は要注意です。

また、きちんとしたインプラント治療を行なっている医院であれば、インプラント手術前に手術同意書を交わします。手術同意書が無いままに手術を行なっている医院は一流とは言えません。

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?