歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の歯科医院選び » インプラントの寿命は?延ばすためのメンテナンス紹介

インプラントの寿命は?延ばすためのメンテナンス紹介

インプラント治療は、他の補綴方法より治療効果が長く継続できる治療です。ここではインプラント治療の成功や、どのくらいもつのか?ということについて考えてみます。

そもそもインプラントの寿命とは?

埋入したインプラントが何年くらい口腔内で残り、機能するかは、個人差がありますが報告されている統計データから考察してみます。

厚生労働省委託事業「歯科保健医療情報収集等事業」のレポートによる、インプラント成功についての基準をまとめました。この基準をもとにインプラントの残存率や成功についてお伝えします。

インプラントの成功基準(1998 年トロント会議)

  1. インプラントは、患者と歯科医師の両者が満足する機能的、審美的な上部構造をよく支持している。
  2. インプラントに起因する痛み、不快感、知覚の変化、感染の徴候などがない。
  3. 臨床的に検査する時、個々の連結されていないインプラント体は動揺しない。
  4. 機能開始 1 年以降の経年的な垂直的骨吸収は 1 年間で平均 0.2mm 未満である.

インプラントの残存率について

システマティックレビューの最新研究データによると、インプラントの残存率は10~15 年の累積生存率は上顎で約 90%、下顎部分で94%でした。

また、抜歯即時埋入や骨移植を伴った埋入れでは若干下がるものの、87~92%です。

通常のインプラントの場合、10年以上経っても上下顎ともに90%以上と高い水準を保っていることが分かります。

他の治療とインプラントと比較について

インプラント治療は、入れ歯といった義歯に比べて患者の総合満足度が高いのが特徴。

発音機能や、審美性、食事の際の快適度において多くの方が満足と報告されています。

インプラントの寿命を延ばすために

一般的にインプラントの寿命は長いと言われています。10年以上安定して使用されているインプラントは珍しくありません。

適切な治療と十分なメンテナンスを行うことで、さらにインプラントの寿命を延ばすことができるでしょう。

反対に、定期的なメンテナンスを受けていないとインプラントの寿命が短いことも分かっていますので、治療後の定期メンテナンスは大切です。

長期的にメンテナンスを行ってくれるクリニック選択を

ところが、「治療を受けたクリニックがなくなって転院せざるを得ない状況になった」というケースがあります。

ですので、治療後も長期的にメンテナンスを行ってくれるクリニックを選ぶようにしてください。

吉岡医院では、30年のインプラント臨床歴があり、親子二代による長期治療をすることを可能にしています。

親から子へとインプラント治療に関する知識と技術が受け継がれているのが特徴。高水準な治療とメンテナンスを長期的にわたって提供してくれるでしょう。

インプラントのメンテナンス
について詳細を見る

参考文献

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?