歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の歯科医院選び » 設備が充実しているか (感染対策を行っているか)

設備が充実しているか (感染対策を行っているか)

シンプルなインプラント治療でも通常の歯科治療とは異なりますが、ましてやオールオン4は非常に高度なインプラント治療です。十分な人材と設備がある歯科医院を選びましょう。また、院内は清潔で掃除が行き届いていることが重要です。

インプラント治療の感染症対策

インプラント治療は、感染対策においては、歯を治療する歯科治療とは次元の違う取り組みが必要です。通常は保険治療をメインで行なっていて、たまにしかインプラント手術をやっていないという医院では、インプラント治療、特にオールオン4などの大がかりな治療を行うというのはシステム的に非常に難しいと言えます。

オールオン4を行う環境として相応しい設備

一般的な歯科治療には使用しない無菌化された、扉の開閉が自動化されたインプラント手術専用の手術室、CT、手術室専用の滅菌タオルが自動で出てくる手洗いブースがある歯科医院が望ましいと言えます。

そして、通常の診療台に顕微鏡が装備されていれば、インプラントだけでなく歯の治療をも丁寧に行っている歯科医院だと考えられます。

インプラント治療は、歯を相手にする通常の歯科治療とは異なり、骨を相手にする外科手術です。

巨大なビルディングを作るのには地元の工務店を選ぶより、ゼネコンを選ぶべきです。巨大ゼネコンには人材や設備が揃っていて、何よりも実績がありますので、いろいろな場合に適切な対応ができるからです。

小さな家しか造ったことのない小さな工務店に対して、社長を知っているからとか、いつも小さい仕事を頼んでいて慣れているからことで巨大なビルディングを発注してはいけません。

また、インプラント治療が他の歯科治療と比べて大きく異なるのは、チーム医療として行うことが非常に重要であるということです。

インプラント治療、特にオールオン4などの大がかりな治療は手術中の血圧や脈拍のコントロールなどの全身管理が重要になります。

インプラント埋入手術を行う歯科医師が1人で手術と全身管理の両方を行う場合もありますが、別々の歯科医師が2名で役割を分担している歯科医院は、インプラント治療に力を入れている医院だと考えられます。

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?