歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の歯科医院選び » 詳細な検査・診察を行ってくれるか

詳細な検査・診察を行ってくれるか

歯科医師が患者さんを治療する上で、患者さんの悩みが無くなり、満足できる望む治療結果を手に入れ、将来にわたり問題の起こりにくい治療を行う為には、十分に考えられた間違いのない治療計画を立案し、その治療計画に基づいた治療を行うことが必要不可欠です。治療計画は治療を行う為の設計図ですので非常に重要です。ビルや橋では設計が間違っていれば建物は崩壊してしまいます。

間違いの無い治療計画を立案する為には正確な多くの資料が必要となります。必要な資料としては患者さんの口腔内の状態を判断する為の口腔内全体に及ぶ、規格化された口腔内写真や、一歯ずつの状態が鮮明に写っているレントゲン写真、

CTなどの資料が必要となります。これらの診査資料を時間をかけてしっかり採取しているかどうかが、一流の医院かどうかの判断機銃となります。たいした検査や口腔内写真、CT撮影無しに治療計画を立案し、見積もり書を作成している医院は要注意です。

インプラント手術を受ける前に行う検査

外科処置を伴うインプラント治療は、全身の状態によりその患者がインプラント治療を適応できるかどうかを評価する必要があります。そのためには、必要に応じて血液一般検査、血液生化学検査、尿検査、心電図検査、胸部エックス線検査、かかりつけの医療機関との対診などを行います。

患者さんが健康診断や人間ドックを受けた直後の場合は、その検査データから全身状態を把握した上で治療を開始する場合もあります。

全身の診察

インプラント治療は出血を伴う外科的処置を行うため、通常の歯科治療以上に、より詳しい全身状態の把握が必要です。
治療の前に問診と前述の検査を実施し、合併症のリスクを及ぼす疾病等がある場合には内科などへの照会や対診を行い、患者さんの全身状態を把握します。

重度の糖尿病、コントロールされていない高血圧症等は手術のリスクが高くなります。

血栓症を患っている患者さんは、ワルファリンカリウム・アスピリンなどの抗血液凝固薬(抗凝固薬)および抗血小板薬が投与されており、術後出血に対しする配慮が必要となります。

骨粗鬆症の方でビスフォスフォネート系薬剤を使用されている患者さんは顎骨壊死の可能性が示唆されており、歯科治療において投与されている薬剤に対する注意が必要となります。

また多くの全身疾患は併発症を有し、それぞれの症状と関連しているため、全体としてのリスクを把握する必要があります。

局所の診察項目

模型での検査

模型での検査では、歯列不正があります。この検査から、欠損部の状態、挺出歯、咬頭干渉、咬合平面の異常の有無などを確認します。

エックス線検査

パノラマエックス線写真やCTを使用して、インプラント体埋入予定部位の形状や、骨量・骨質などを検査します。インプラント体の埋入手術に際しては、顎骨の立体的構造、神経や血管の位置、顎骨とその周囲の病変や異常の有無を確認します。

前述した口腔内写真撮影やCT撮影など、これらの資料を取るためには、通常1時間以上の時間がかかります。現在の状況と治療プランの説明については、問題が複数の歯に及ぶ様な場合、1時間程度の時間がかかることは珍しくありません。

ビルディングを建てる場合には、地盤調査をしっかりした上で設計をします。口腔の治療計画も同様で、しっかりした治療は、精密な診査診断の上に立案された治療計画によって成り立っています。

そのため、診査資料として規格化された口腔内写真とCTレントゲン写真は必須です。
また、インプラント手術のプラニングには、専用のインプラントシミュレーションソフトを使用した上での治療計画を行なっていることが重要です。

治療計画の説明においては、これらの診査資料を分かりやすく提示し、患者さんの理解を確認しながら十分な時間をかけて説明している歯科医院であることが重要です。

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?