歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の歯科医院選び » 説明と同意が的確に行われているか

説明と同意が的確に行われているか

治療前にきちんと治療の説明を受けていますか?

インプラント治療は、人工の歯根を顎骨に埋め込んで快適な咀嚼などの機能と外観を改善する治療法ですが、決して魔法の治療ではありません。患者さんの期待に対して十分な結果を得られない場合もありますし、様々な問題が起こる場合もあります。

医療機関では治療前に治療の内容、他の治療法、合併症や事故の可能性、その他、後から問題になるような事柄について予め説明し、同意を得た上で治療を開始します。

インプラント治療についての説明確認書

以下は、日本口腔インプラント学会が公開している説明確認書です。このような書面で説明を受け、同意のサインをしてから治療を開始していることが重要です。

  1. 私はインプラント治療の目的と手順について主治医より説明を受けました.それにより私は顎骨内にインプラントを植立するためにはどのような手順が必要か理解しました.
  2. 私は主治医より口腔内を注意深く診査されました.そして私に適用できるインプラント以外の治療法についても説明を受けました.私はインプラント以外の治療法も理解した結果,欠損歯牙の修復としてインプラント治療を希望します.
  3. 私は手術の際の外科処置,薬剤,麻酔によって起こりうる問題点について説明を受けました.治療にあたっては最善を尽くすものの,術後に疼痛,腫脹,感染,内出血に伴う顔面皮膚の変色などが生じる可能性があり,同時に口唇,舌,顔,頬,歯の知覚麻痺が起こる可能性があることについても説明を受けました.また,これらの持続時間は正確に確定できないこと,また血管の炎症,残存歯の外傷,骨折,鼻腔や副鼻腔への穿孔,術後治癒の遅れ,薬剤の使用によるアレルギー反応が起こり得ることについても説明を受けました.
  4. 治療の有無にかかわらず,歯の挺出,移動,傾斜,咬合の不調和,顎関節機能の障害,頭痛,首や顔面の筋肉痛,咀嚼時の筋肉の疲れなどが生じる可能性があることについて説明を受け理解しました.
  5. 私は主治医からインプラント植立後の歯肉や骨の治癒の能力には個人差があり,正確に予測する方法がないため,治療の進行は術後の経過に応じて判断することの説明を受け理解しました.
  6. インプラントの失敗やインプラントの撤去という事態も起こり得ることについて説明を受けました.手術後の治癒については個人差があり,インプラント治療あるいは手術の結果について保証あるいは確約できないことが説明され理解しました.
  7. 喫煙,アルコールの摂取は歯肉や骨の治癒に影響があり,インプラント治療の成
    功に悪い影響を与える可能性があることについて説明を受け理解しました.そのため喫煙は中止し,アルコールについては最小限摂取することに同意します.私は主治医に指導を受けた清掃方法を実行し,指示通りに定期検診を受けることが必要なことを理解しました.
  8. 私は麻酔の使用について主治医の選択に同意します.また治療に用いられる薬剤や麻酔の効果がなくなるまで手術後少なくとも24時間,車を運転しません.

しっかりとデメリットまで話してくれる歯科医院

ただ単に自分の歯科医院で受けてほしくてデメリットなど説明が不十分なことがあります。

本当に受けたほうがいいか、別の選択肢はないか等しっかり説明してくれる歯科医院がいいでしょう。

関連記事:オールオン4のデメリット

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?