歯科医が教えるオールオン4のすべて » インプラントができないケース » 貧血

貧血

インプラント治療を受ける際に貧血と判断された場合、インプラント手術が出来ない場合があります。

ここではインプラント治療における貧血の詳しい説明や、貧血の方がインプラントを行なう際の注意点などを紹介しています。

貧血がなぜ危険か

血液の働きで最も重要な仕事は、酸素を全身に運搬することです。この働きをつかさどるのは、血液中の赤血球にある血色素(ヘモグロビン)です。

血液が酸素を運搬する能力は、ヘモグロビン量とほぼ比例します。

貧血とは赤血球あるいはヘモグロビンの量が正常より少なくなった状態で、その原因によって多くの種類に分けられます。

私たちの身体は酸素と栄養素をエネルギー源として生命を維持しているため、酸素の運搬が十分に行われなくなると、あらゆる組織が酸素不足になりさまざまな症状がでてきます。

貧血は治癒力や抵抗力が下がることがある

貧血になると、全身の細胞に酸素を十分に届けることができなくなります。その結果、傷を治す働きが低下したり、細菌への抵抗力が下がったりすることがあるのです。

術後の直りが悪くなったり細菌感染が生じるリスクが高まる

貧血の状態でインプラント手術を行なうと、術後の治りが悪くなったり、細菌感染が生じたりするリスクが高まります。さらに、インプラントを取り付けた後に周囲の歯茎が炎症を起こす「インプラント周囲炎」のリスクがあるのです。

ヘモグロビンの数値によっては貧血が改善されるまで延期が推奨

インプラント治療では貧血の原因がわかっていても、血液検査で赤血球内のヘモグロビンの数値が10g/dl未満の場合は、貧血が改善するまでインプラント治療の延期が推奨されています。

ただし症状によってはインプラント治療が可能なケースもあるので、医師と相談してみるといいでしょう。

[※1]

治療の際の注意点

貧血状態の人は、治療後に炎症を起こしやすかったり、治療後の回復に時間がかかったりします。

日常的に健康診断や人間ドックでの血液検査で貧血はわかります。

日頃から健康診断や人間ドックを行なっていない人は、インプラント治療を行う前には血液検査を行うことにより術後のトラブルを回避することができます。

安心してインプラント治療を受けるために

インプラント治療は、ほかの歯科治療に比べて手術が大がかりなものになります。

そのため、手術前に人間ドックや健康診断で全身状態に異常がないことを確認した上でインプラント治療を行うことが重要です。

内科に定期的に通院して投薬を受けているような場合は、内科の先生にインプラント治療を受ける旨の話をして全身状態に問題が無いかを確認しましょう。

参考文献

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?