歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の治療の流れ » ステップ5.セルフケア

ステップ5.セルフケア

インプラント治療後のセルフケアについてご紹介します。インプラントは人工歯のため虫歯になることはありませんが、セルフケアを怠ると口内環境を悪化させてしまい、インプラントが劣化してしまう原因になることも。インプラントを長持ちさせるセルフケアの方法についてご紹介します。

日々のお手入れの重要性

インプラントのセルフケアはとても重要です。怠ってしまうと、インプラント周囲炎という病気を招いてしまいます。インプラント周囲炎は天然歯に起きる歯周病と似た病気です。痛みがない・進行しても食事が不自由なくできるなど、症状に気づきにくいことも。セルフケアでインプラントの状態を保ち、チェックする習慣を身に付けていることが大切です。

歯ブラシの種類と使い方

こちらの項目では、インプラントと天然歯を衛生的に保つ歯ブラシについてご紹介します。

タフトブラシ

歯ブラシの先に毛先がまとまっている1本ブラシです。インプラントをはじめ、歯並びの悪い部分や奥歯、歯の間を磨きやすいのが特徴。通常の歯ブラシ後に、タフトブラシを使うとよりキレイに汚れを落とすことができます。

歯間ブラシ

歯間ブラシは歯と歯の間の汚れを取り除くことが可能。先端が金属製の小さなブラシで、ストレートタイプとL字型に曲がっているタイプがあります。インプラントのケア用には金属ワイヤーにコーティング加工されているものを使いましょう。コーティング加工されていないものを選ぶと、インプラントが傷ついてしまいます。

電動ブラシ

高性能な電動ブラシが増えてきており、歯科医師が磨いてくれる技術と変わらないセルフケアができます。超音波ブラシ・音波ブラシ・回転ブラシの3つから選ぶことが可能。なかでも音波ブラシがおすすめ。適度な振動で汚れを落としてくれます。安価な電動歯ブラシよりも、15,000円くらいの電動歯ブラシの方がキレイに磨けて長持ちするのでおすすめです。

歯磨きの効果を高める補助清掃アイテム

歯ブラシによる歯磨きはもちろん、インプラントをキレイに長く保つには補助清掃アイテムも利用しましょう。

デンタルフロス

デンタルフロスは極細のナイロン糸を束ねたものです。歯と歯のすき間の汚れを落とすのに向いています。基本的には使い捨てです。自分で好きな長さに調節して使える糸巻き型と柄が付いているホルダー型があります。

スーパーフロス

ブリッジ掃除に便利なのがスーパーフロス。糸巻きタイプとは違い、使いやすい長さに初めからカットされています。1本の長さが40~50cmで100本入りが多め。フロスの両端が硬くて細くなっており、通常は糸状のフロス部分がスポンジのようにふわふわしています。

ジェット水流洗浄装置

多くの歯をインプラントに交換した患者さん向けの清掃アイテムです。インプラントの土台であるアバットメントと歯茎の間にジェット水流をあてることで、汚れや歯周病菌を効率よく落とします。

歯磨き粉の選び方

練りタイプと併用する液体歯磨き粉

液体歯磨き粉は練りタイプの歯磨き粉と違い、研磨剤が入っていません。歯の表面を傷つけることなくブラッシングが可能。練りタイプの歯磨き粉と併用するか歯科でのクリーニングを受けましょう。

忙しいときにサッと使える洗口液

口の中の洗浄効果や口臭予防が期待できます。歯を磨く時間がない人におすすめですが、虫歯予防や歯周病予防にはブラッシングでキレイに汚れを落とす必要があるので、あくまでも補助的なものとして考えましょう。

控えたほうがよいフッ素入り歯磨き粉

近年の研究によると、フッ素入りの歯磨き粉はインプラントの腐食を招きやすいというデータが出てきています。インプラントにはチタンが使われており、このチタンがフッ素により腐食してしまうそうです。腐食により凹凸ができると、細菌が入り込んでインプラント周囲炎を引き起こすことも。歯磨きの際はフッ素入り歯磨き粉は避けた方が良いでしょう(※1)。

参考文献

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?