歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の症例 » 症例004.男性の上下顎オールオン4症例(60代)

症例004.男性の上下顎オールオン4症例(60代)

症例概要

来院の経緯 患者さんは上下顎のインプラント治療を希望して、某総合病院を受診。受診先の歯科口腔外科の歯科医師からの治療依頼
治療にかかった費用 上顎300万円/下顎230万円
治療のリスク 全身状態は健康だが、高齢である為、治療に耐えられるか?という心配があった。また、体格が非常にがっしりした方なので、オールオン4で即時負荷を行った場合、インプラントが完全なインテグレーションを達成する前に仮歯で強く噛んで、インテグレーションを破壊するリスクがある。また、最終的な補綴物も咬合力によって破壊するリスクがある。
予後について 治療は問題無く終了したが、その後6年間、通院が途絶え、再来院時には下顎の補綴物を破損し1本のインプラントがディスインテグレーションを起こしていたので、インプラントを追加埋入し再補綴を行った。
治療を考えている人へのアドバイス オールオン4は特殊なインプラント治療法なので、大学病院や総合病院の口腔外科でもなかなか対応できない場合が多い。手術だけでなく補綴術式も通常のインプラント治療と比較すると難しいので経験と実績がある医院を受診する必要がある。

治療内容の詳細

治療前のパノラマレントゲン写真
治療前のパノラマレントゲン写真
体格の良い老人
術前顔貌
症例
治療前正面
治療前正面
治療前正面
症例
一日で上顎に6本、下顎に4本のインプラントを埋入し、固定式の仮歯を装着
症例
手術日に装着された仮歯
症例
手術日に装着された仮歯
上顎最終補綴物
上顎最終補綴物
下顎最終補綴物
下顎最終補綴物
上顎に最終補綴物が装着された状態
上顎に最終補綴物が装着された状態
症例
下顎に最終補綴物が装着された状態
症例
装着されている様子がよくわかるレントゲン画像
症例
自然な口元

吉岡歯科医院の
公式サイトで他の症例を見る

吉岡歯科医院に
問い合わせる

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?