歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の症例 » 症例024.男性の上下顎オールオン4症例(50代)

症例024.男性の上下顎オールオン4症例(50代)

症例概要

来院の経緯 あちこちの歯がグラグラで噛むことが出来ない。
治療にかかった費用 上顎300万円/下顎90万円
治療のリスク 今回の症例は歯周病が進行してる歯牙を可能な限り保存した上でのインプラント治療を行なっている点にある。一般的に歯周病患者のインプラント治療は予後が悪いというリスクがある。この患者の場合、初診時からインプラント埋入まで1年かけてプラークコントロールを行なった後、インプラント埋入を行なった。
予後について この患者さんはインプラント埋入後5年が経過しているが、現時点では問題は起こっておらず、経過良好である。
治療を考えている人へのアドバイス 患者は可能な限りの歯牙の保存を望んだので、当院は徹底的なプラークコントロールと定期管理を指導し安定した状態を得ている。インプラント治療のみならず、歯科治療の予後は術後管理が非常に重要で、管理システムがしっかりしている医院を選ぶことが重要である。

治療内容の詳細

オールオン4症例
初診時パノラマレントゲン写真
オールオン4症例
初診時顔貌
オールオン4症例
初診時正面観
オールオン4症例
初診時下顎咬合面観
オールオン4症例
初診から1年経過後のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
初診から1年経過後の顔貌
オールオン4症例
初診から1年経過後の正面観
オールオン4症例
初診から1年経過後の上顎咬合面観
オールオン4症例
初診から1年経過後の下顎咬合面観
オールオン4症例
インプラント埋入直後のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
インプラント手術時の術前咬合面観
オールオン4症例
手術時抜歯直後の上顎咬合面観
オールオン4症例
手術直後の上顎咬合面観
オールオン4症例
手術直後に固定式の仮歯が装着された顔貌
オールオン4症例
手術直後に固定式の仮歯が装着された正面観
オールオン4症例
手術直後に固定式の仮歯が装着された咬合面観
オールオン4症例
最終補綴物が装着された状態のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
最終補綴物が装着された状態のデンタルレントゲン写真
オールオン4症例
最終補綴物が装着された状態の正面観
オールオン4症例
最終補綴物が装着された状態の上顎咬合面観
オールオン4症例
最終補綴物が装着された状態の下顎咬合面観
オールオン4症例
最終補綴物が装着された状態の顔貌
オールオン4症例
最終補綴物が装着された状態の口元
オールオン4症例
最終補綴物が装着され3年経過した状態のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
終補綴物が装着され3年経過した状態のデンタルレントゲン写真
オールオン4症例
最終補綴物が装着され3年経過した状態の顔貌
オールオン4症例
最終補綴物が装着され3年経過した状態の口元
オールオン4症例
最終補綴物が装着され3年経過した状態の正面観
オールオン4症例
最終補綴物が装着され3年経過した状態の上顎咬合面観
オールオン4症例
最終補綴物が装着され3年経過した状態の下顎咬合面観

吉岡歯科医院の
公式サイトで他の症例を見る

吉岡歯科医院に
問い合わせる

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?