歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の症例 » 症例026.女性の上顎オールオン4症例(50代)

症例026.女性の上顎オールオン4症例(50代)

症例概要

来院の経緯 愛知県内の豊川の先生から、下顎の治療は自分で行うが、上顎のオールオン4をお願いしたいとの依頼があった。
治療にかかった費用 上顎300万円
治療のリスク オールオン4を選択せざるを得ない症例は、骨量が少なくて、普通のインプラント治療では治療が出来ない症例である。極端に骨が無く、手術は非常に難しいので、この症例では3Dプリンタを用いて事前にモデルサージェリーを行なった。また、手術当日にインプラントに仮歯を装着して実際にその日から食事に使うので、インプラントがインテグレーションしないというリスクがある。その対処として上顎結節部に予備のインプラントを埋入しておいたが、術後7年経過した現時点まで問題は起こっていない。
予後について この患者さんは紹介医の医院と当院にて定期的な管理をしていることもあり、治療終了後7年経過しているが、現時点でも良好な状態を維持している。
治療を考えている人へのアドバイス この患者さんを紹介していただいた先生は私の友人だが、彼自身もインプラント専門医で日常的に沢山のインプラント治療を行なっているベテランの先生だ。その彼でもオールオン4の症例は私の医院に紹介してくるほど高度な技術と経験を要求される仕事なので、医院の選択が重要だ。

治療内容の詳細

オールオン4症例
初診時パノラマレントゲン写真
オールオン4症例
初診時正面観
オールオン4症例
初診時上顎咬合面観
オールオン4症例
初診時下顎咬合面観
オールオン4症例
初診時の口元
オールオン4症例
3Dプリンタで製作された顎骨モデル
オールオン4症例
インプラントの埋入シュミレーションを行なったところ
オールオン4症例
スリットが開いている内側には上顎洞がある。
オールオン4症例
オールオン4症例
オールオン4症例
手術直後のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
手術当日に仮歯が装着された口元
オールオン4症例
補綴物装着時のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
補綴物が装着された口元
オールオン4症例
補綴物装着時の正面観
オールオン4症例
補綴物装着時の上顎咬合面観
オールオン4症例
補綴物装着時の下顎咬合面観

吉岡歯科医院の
公式サイトで他の症例を見る

吉岡歯科医院に
問い合わせる

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?