歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の症例 » 症例017.女性の上下顎オールオン4症例(50代)

症例017.女性の上下顎オールオン4症例(50代)

症例概要

来院の経緯 上の歯があちこちグラグラしてきたのでなんとかして欲しい。
治療にかかった費用 上顎300万円/下顎230万円
治療のリスク オールオン4は下顎は骨質が良いので4本のインプラントでは本数が十分では無く、長期には安定しないという報告がある。4本のインプラントで行われた上顎オールオン4のインプラントがインテグレーションが得られなかったり、一度獲得したインテグレーションを後から喪失した場合、残りのすべてのインプラントがインテグレーションを喪失するリスクがある。そのようなリスクに対処する為、当院では上顎には6本以上のインプラントを使用するようにしている。
予後について この患者さんは術後7年経過しているが、問題なく経過し、補綴物も快適に使用されている。
治療を考えている人へのアドバイス 日本人の上顎はオールオン4が開発された欧米に対して骨質が悪く、骨量も不足している場合が多い。実際、4本のインプラントで行われたオールオン4が長期的に安定せずトラブルを起こしているという報告がある。オールオン4を開発したパウロマロ自身が骨質の悪い場合には6本のインプラントで上顎のオールオン4を行なっている場面を私自身もパウロ・マロのクリニックで見ている。私見ではあるが、上顎のオールオン4は6本のインプラントを用いる方が、4本より長期的に安定した結果を得られると考えている。

治療内容の詳細

オールオン4症例
初診時パノラマレントゲン写真
オールオン4症例
初診時前方面觀
オールオン4症例
初診時上顎咬合面觀
オールオン4症例
初診時下顎咬合面觀
オールオン4症例
上顎インプラント埋入直後のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
インプラント手術当日の仮歯が装着された口元
オールオン4症例
インプラント手術当日の仮歯が装着された状態の咬合面觀
オールオン4症例
治療終了時のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
治療終了時の顔貌
オールオン4症例
治療終了時の前方面觀
オールオン4症例
治療終了時の横顔
オールオン4症例
治療終了時の前方面觀
症例
治療終了時の上顎咬合面觀
症例
治療終了時の下顎咬合面觀
症例
上顎補綴物前方面觀
症例
上顎補綴物咬合面觀
症例
上顎補綴物斜上面觀

吉岡歯科医院の
公式サイトで他の症例を見る

吉岡歯科医院に
問い合わせる

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?