歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の症例 » 症例022.女性の上顎オールオン4症例(70代)

症例022.女性の上顎オールオン4症例(70代)

症例概要

来院の経緯 上顎の入れ歯が落ちてくるので、緊急に動かない固定された歯を作って欲しい。
治療にかかった費用 上顎300万円
治療のリスク この症例は上顎の顎堤が殆どなく、入れ歯は全く使い物にならない状態だった。CTで使える骨は無いか探したが、上顎結節部にも骨が無く、緊急に動かない仮歯を作るためには頬骨に支持を求めるザイゴマインプラントを使用することになった。ザイゴマインプラントは上顎洞内を貫通するので、鼻性の上顎洞炎を発症した場合でも上顎洞炎の治癒が悪い場合がある。
予後について この症例については術後6年経過しているが、人工歯が磨り減ったので人工歯の上に金属歯を接着し、現在でも機能している。
治療を考えている人へのアドバイス この症例では術前にインプラントに支持を求めたインプラントオーバーデンチャーが装着されていたが、上顎のインプラントオーバーデンチャーは機能や安定度に問題がある場合が多いと言われている。

治療内容の詳細

オールオン4症例
術前パノラマレントゲン写真
オールオン4症例
術前顔貌
オールオン4症例
術前正面観
オールオン4症例
術前上顎咬合面観
オールオン4症例
術前下顎咬合面觀
オールオン4症例
インプラント埋入直後のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
インプラント手術当日に固定式の仮歯が装着された状態
オールオン4症例
インプラント手術当日に固定式の仮歯が装着された状態
オールオン4症例
インプラント手術当日に固定式の仮歯が装着された状態
オールオン4症例
インプラント手術当日に固定式の仮歯が装着された状態
オールオン4症例
インプラント手術当日に固定式の仮歯が装着された状態
オールオン4症例
最終補綴物が装着された状態のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
最終補綴物が装着された顔貌
オールオン4症例
最終補綴物が装着された顔貌
オールオン4症例
最終補綴物が装着された正面観
オールオン4症例
最終補綴物が装着された咬合面観

吉岡歯科医院の
公式サイトで他の症例を見る

吉岡歯科医院に
問い合わせる

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?