歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の症例 » 症例031.女性の上顎オールオン4症例(50代)

症例031.女性の上顎オールオン4症例(50代)

症例概要

来院の経緯 以前、上の前歯をブリッジで直したが最近になってグラグラしてきた。以前、下顎にインプラント治療を頼んだ時は骨が無くて出来ないと言われたが、吉岡歯科医院ならなんとかなると聞いて来院。
治療にかかった費用 上顎300万円
治療のリスク この症例は左右の上顎洞が前方まで張り出しているので、本来は傾斜埋入して埋める後方のインプラントを本来の位置に埋めることが出来ない。そこで上顎結節部にインプラントを追加埋入したが、上顎結節部は骨質が悪く、即時負荷をかけることが出来ないリスクがある。この症例では、インプラントボディー全体で荷重を支えることが出来るZIMMER-BIOMET社製のインプラントを用いることによって対処した。
予後について 術後5年経過しているが、上顎については問題はおこっていない。しかし、下顎の歯牙がダメになったため、新たなインプラント埋入によって対処した。
治療を考えている人へのアドバイス インプラント治療は比較的簡単な症例と、高度な技術と経験を必要とする症例があるが、最終的には難しい治療を要求される状況がやってくることが多い。後からの治療と整合性を取る為には、当初から長期的な口腔の変化に対応できる治療計画が必要なので、簡単な症例でも最初からインプラント治療を専門的におこなっている医療機関での治療が望ましい。

治療内容の詳細

オールオン4症例
初診時のパノラマレントゲン写真。下顎には既にインプラント治療が行われているが、左側のインプラントのアバットメントはメーカー純正パーツが使用されていない可能性がある。
オールオン4症例
術前顔貌
オールオン4症例
術前正面観
オールオン4症例
術前上顎咬合面観
オールオン4症例
術前下顎咬合面観
オールオン4症例
上顎オールオン4手術直後のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
上顎オールオン4手術直後に固定式の仮歯を装着した状態
オールオン4症例
上顎オールオン4手術直後に固定式の仮歯を装着した状態
オールオン4症例
上顎オールオン4手術直後に固定式の仮歯を装着した状態
オールオン4症例
上顎最終補綴物を装着した状態のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
上顎最終補綴物を装着した状態のデンタルレントゲン写真
オールオン4症例
上顎最終補綴物を装着した状態の顔貌
オールオン4症例
上顎最終補綴物を装着した状態の口元
オールオン4症例
上顎最終補綴物を装着した状態の正面観
オールオン4症例
上顎最終補綴物を装着した状態の上顎咬合面観
オールオン4症例
上顎最終補綴物を装着後3年経過した状態のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
上顎最終補綴物を装着後3年経過した状態のデンタルレントゲン写真

吉岡歯科医院の
公式サイトで他の症例を見る

吉岡歯科医院に
問い合わせる

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?