歯科医が教えるオールオン4のすべて » オールオン4の症例 » 症例043.女性の上顎オールオン4症例(60代)

症例043.女性の上顎オールオン4症例(60代)

sr

症例概要

来院の経緯 上顎の前歯の付け根を押さえると痛い。じっとしている時でも痛い時があるし、たまに腫れてくることがある。
治療にかかった費用 上顎300万円
治療のリスク 歯科治療のリスクとして、患者さんは虫歯やその他の疾患は歯科医院で治療を受けると「治る」と考えている。しかし、生体臓器の再生能力には限界があり、患者さんの痛みが無くなり、外見が改善され、機能が回復したとしても決して元どおりの状態に治っている訳ではない。  この症例は以前に神経を除去してメタルコアを装着した歯牙に根尖病巣ができて痛みや腫れをおこしている症例だが太くて長いメタルコアが装着されている為、再根管治療を行うことが出来ないと判断された症例である。仮に除去できたとしてもペラペラに薄くなった歯根が今後長期に機能する確率は低い。  歯牙の保存は歯科治療においては最優先に考えることだが、このような症例に対して歯牙の保存を優先する治療方針は結果として短期間に大規模な再治療が必要となるリスクが高い。歯科治療は患者の負担が大きいので、なるべく再治療を減らし長期に安定する治療方針が望ましい。
予後について 治療後4年が経過しているが、現時点まで問題なく良好に機能している。
治療を考えている人へのアドバイス 患者さんは問題がある歯牙の保存を望むが、一度、根管治療を受けメタルコアが装着された歯牙を再治療によって長期に安定する状態まで治すことは非常に困難なことである。またこの症例では下顎に入れ歯を使用しているが、その義歯床下の顎堤は著しく吸収している。これは入れ歯の使用によって、ここまでの骨吸収が惹起されたと考えられるが、もし、早期にインプラント治療を受けていれば、ここまでの骨吸収は起こらなかったと考えられる。

治療内容の詳細

オールオン4症例
初診時パノラマレントゲン写真
オールオン4症例
初診時デンタルレントゲン写真
オールオン4症例
初診時顔貌
オールオン4症例
初診時正面観
オールオン4症例
初診時右側方面観(ミラー像)
オールオン4症例
初診時左側方面観(ミラー像)
オールオン4症例
初診時上顎咬合面観
オールオン4症例
初診時下顎咬合面観
オールオン4症例
下顎義歯装着時の正面観
オールオン4症例
初診時の右側方面観(ミラー像)下顎義歯装着時
オールオン4症例
初診時の左側方面観(ミラー像)下顎義歯装着時
オールオン4症例
初診時の下顎咬合面観 下顎義歯装着時
オールオン4症例
上顎インプラント埋入直後のパノラマレンントゲン写真
オールオン4症例
上顎インプラント埋入直後に固定式の仮歯を装着した状態の口元
オールオン4症例
上顎インプラント埋入直後に固定式の仮歯を装着した状態の正面観
オールオン4症例
上顎インプラント埋入直後に固定式の仮歯を装着した状態の咬合面観
オールオン4症例
最終補綴物装着時のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
最終補綴物装着時のデンタルレントゲン写真
オールオン4症例
最終補綴物が装着時の顔貌
オールオン4症例
最終補綴物が装着時の口元
オールオン4症例
最終補綴物が装着時の正面観
オールオン4症例
最終補綴物が装着時の上顎咬合面観
オールオン4症例
最終補綴物が装着時の下顎咬合面観
オールオン4症例
最終補綴物が装着時から4年経過後のパノラマレントゲン写真
オールオン4症例
最終補綴物が装着時から4年経過後のデンタルレントゲン写真

吉岡歯科医院の
公式サイトで他の症例を見る

吉岡歯科医院に
問い合わせる

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?