歯科医が教えるオールオン4のすべて » 基礎知識・オールオン4のメリット » メリットその2・手術したその日に歯が入る

メリットその2・手術したその日に歯が入る

従来のインプラント治療と異なり、1日で人工歯を固定することができるオールオン4。そのメリットについて詳しくまとめてみました。

即日で歯が入るオールオン4

奥歯から前歯まで人工歯をその日に装着

オールオン4は上顎・下顎にそれぞれ最低4~6本のインプラントを埋め込み、奥歯から前歯までの一体となった仮の歯を即日で固定する治療法です。

オールオン4により、これまでのインプラント治療において必要だった「治療期間中の歯の無い期間」を避けることが可能となりました。

インプラントと顎の骨の結合を待たずに治療可能

従来のインプラント治療では、インプラントを埋入してから、仮の歯が入るまでに最短でも3~4カ月を要し、それまで歯の無い状態を余儀なくされていました。

オールオン4は、骨が強固な部位に対し、選択的にインプラントを埋入しますので、即日の仮歯の装着、柔らかい食事など、ある程度の機能回復を実現できるようになりました。

即日の仮の歯で得られるメリット

従来のインプラント治療では顎の骨とインプラントが結合してから人工歯を装着していたため、3~4ヶ月ほど歯の無い期間を余儀なくされていました。

オールオン4はインプラントの埋め込みから仮の歯の装着までがその日に完了するので、「歯が無い期間」によるデメリットが改善されています。即日の仮歯で得られるメリットをあげてみました。

美しい外観がすぐに手に入る

オールオン4は即日で綺麗な歯を入れられるのが大きな魅力です。歯は見た目に大きな影響を及ぼしますので、なるべくなら早く歯を入れて欲しいと誰もが思うはずです。

従来のインプラント治療では、歯の無い期間の間、見た目を気にされる患者さんはマスクをして過ごしていました。無理やり取り外し式の入れ歯を入れている方もみえますが、入れ歯はお勧めできません。

入れ歯は便利なように思われますが、実は、インプラント治療の治癒期間中に装着すると、インプラントそのものに対し悪影響を及ぼすことが判っています。

本来なら推奨されない入れ歯を無理に装着し、せっかく手術をして入れたインプラントをダメにしてしまうというケースもあります。結局、従来のインプラントでは人工歯を固定するまでに3~4カ月の“歯が無い期間”を余儀なくされていましたが、オールオン4であれば、基本的に歯が無い期間はありません。

現代において、見た目を気にせずに社会生活を送られる方はほとんどいません。接客業や人前に立つ職業の方に限らず、家族や友人の前でも、歯の無い状態で接することに抵抗感を覚える方も多いでしょう。そのような人にとって、社会生活の中断を著しく避けることのできるオールオン4は、大変有用な治療法と言えます。

食べられる食事が増える

入れ歯で噛めなかった方、多くの歯が抜けてしまっていた方、歯はたくさん残っているのに噛み合わせが著しく悪くて噛めなかった方。このような方々にとって、オールオン4の「噛める」メリットは、手術同日にすぐに実感できることと思います。

オールオン4なら手術した日の夜には新しい人工歯で食事を摂ることができます。術後はなるべく固いものを避けますが、手術直後でもかなり多くの種類の食事を楽しめるようになります。

一般的に、入れ歯で出せる噛む力は、天然の歯の1/3以下と言われています。これまで入れ歯である程度噛めていた方であっても、オールオン4の噛む能力の高さを実感できることと思います。

発音が良くなる場合もある

歯が無い部分があると、そこから息が漏れてしまい、うまく発音できなくなります。

2~3本歯を失っている方であれば、自然とその隙間を舌で埋めて、発音を補うことも可能です。しかし、失う歯の本数が多くなってしまうと、いよいよ舌でも補いきれなくなり、会話の相手から何度も聞き返されるようになってしまいます。そのような方は、オールオン4治療により短期間で発音が改善する可能性があります。

一方で、慣れが必要であることも事実です。これまで入れ歯を使っていた方や、多くの歯が残っていた方にとって、オールオン4は舌の当たる場所が大きく変わります。舌の快適な位置付けや、上手な発音方法を習得するために、従来の入れ歯などと同様に、慣れや積極的なトレーニングが必要な場合もあります。

オールオン4の即日治療メリットまとめ

オールオン4は歯が無い期間がありません。従来のインプラント治療では、治療完了まで口元を隠すマスクが手放せないこともありました。オールオン4により、即日に機能回復が実現できたり、社会生活の中断を避けることが可能となりました。

こんな方に最適

関連記事

他にもオールオン4のメリットはあります。通常のインプラントとの違いや費用、体への負担などについても紹介していますので、メリットについて調べたい方は下記のページをご確認ください。

オールオン4のメリットとは?多くの歯を失った人のための最新情報

自分の歯の状態に近いオールオン4の症例は?